• logo of hiroshima prefec.
  • logo of hiroshima city.
  • logo of HIA
  • logo of sandbox

よくある質問

FAQ

  • 助成金事業の応募について

    Q:助成金事業の応募の流れはどのようなものですか?

    A:例年以下の流れでおこなっています。
    ①助成金事業の応募開始
    ②期間内に応募頂く
    ③助成金事業応募に対し,審査を実施し,採択事業を決定
    ④採択事業対象の発表及び採択事業活動開始
    ⑤事業内容の発表と成果報告提出
    ⑥助成金額のお支払い(後払い)

  • 助成金事業の応募について

    Q:助成金事業の応募について条件はありますか?

    A:原則,本フォーラムの会員であり,主たる構成員は,県内に事業所を有する企業・団体である必要があります。
       本フォーラムの参加はこちら(無料)
       その他の詳細は,応募開始の段階でこちらに掲載いたします。

  • 助成金事業の応募について

    Q:助成金事業の対象となる活動内容はどのようなものですか?

    A:次のような事業を対象とします。
    ・新たな価値を創造するアイデアを創出,改良又は実用化するための活動
    ・現在の生産性・付加価値等の向上に繋がるアイデアを創出,改良又は実用化するための活動

    上記の事業について,成果報告を頂きます。

    ITに取り組みたい企業様のトライアルや新たな価値を持つアイデアの実用化へのチャレンジなど,幅広い取組みで活用いただけるものとなっています。

    過去の事業についてこちらをご確認ください。
    成果報告会についてはこちらをご確認ください。

  • 助成金事業の応募について

    Q:助成金事業の実施期間はどの程度でしょうか?

    A:最長6カ月程となります。
       応募開始の段階でこちらに掲載いたします。

  • 助成金事業の応募について

    Q:助成金額はどのくらいでしょうか?

    A:例年 25万~100万円の範囲で助成金事業の採択を行っています。
       ただし,消費税は助成金額の対象となりませんので,ご注意ください。
       消費税に関する詳細は下記FAQの「経理処理について」をご確認ください。

  • 助成金事業の応募について

    Q:助成金事業の採択予定数は何件でしょうか?

    A:例年 1件~5件程度を採択しています。

  • 助成金事業の応募について

    Q:助成金額はいつ受け取れますか?

    A:支払いは採択年の翌年3月中旬~下旬となります。事業実施中の経費は先にお支払い頂く必要があります。
       例) 2020年8月頃採択され,事業を行った場合,その事業経費のひろしまIT融合フォーラムからの助成金のお支払いは2021年3月中旬~下旬となります。

  • 助成金事業の応募について

    Q:応募時に(外注先業者等からの)見積書は必要ですか

    A:応募時に見積書は不要です

  • 経理処理について

    Q:どのような経費が助成金額範囲として認められますか?

    A:通常以下の経費項目が認められます。
    ・研究会開催費(会場借上費,専門家謝金・旅費 等)
    ・調査旅費(公共交通機関利用実費)
    ・資材等の購入費(試作用の原材料・部品,試験用の試薬,参考図書 等)
    ・外注費(活動に不可欠で,外注することが効果的な作業に対する経費)
    ・機器整備費(必要な機器の購入費・リース料)
    ・その他,研究会活動に必要と認められる経費(本フォーラムが認めるもの)

    ※原則,応募企業内での人件費は認められないためご注意ください。
     必要に応じて事務局との協議となります。

  • 経理処理について

    Q:助成金について,消費税も対象に含まれますか

    A:消費税は補助金の範囲に含まれません。50万円の補助金が出る場合,50万円満額使用した場合は,別途消費税の5万円(税率10%の場合)を負担する必要があります。

  • 経理処理について

    Q:消費税の端数処理はどうなりますか?

    A:10%の場合,以下の計算となります。
    ① 税込価格に100/110を掛けて1円未満の端数を切り上げた金額を税抜価格(補助対象経費)とします。
    ② ただし、①の計算方法により算出した税抜価格に110/100 を掛け、1円未満の端数を切り捨てた金額が、元の税込価格を超える金額となる場合については、①の計算方法によらず、税込価格に100/110を掛けて1円未満の端数を切り捨てた金額を税抜金額(補助対象経費)とします。
    [計算例]
    ① 10,000円(税込価格)×100/110=9,090.9090...【補助対象経費(税抜価格)】:9,091円(1円未満の端数切り上げ金額)
    ② 100,000円(税込価格)×100/110=90,909.0909...90,910円(1円未満の端数切り上げ金額)×110/100=100,001円(1円未満の端数切り捨て金額)
       これは元の税込価格100,000円を超えてしまうため、90,909.0909...の1円未満の端数を9切り下げる。
       【補助対象経費(税抜価格)】:90,909円(1円未満の端数切り捨て金額)

  • 経理処理について

    Q:振込手数料も助成金に含まれますか?

    A:含まれません。

  • 経理処理について

    Q:助成金事業の請求期間はいつ頃ですか?

    A:例年,3月初旬に受付を致します。
       ※事業実施中の経費は先にお支払い頂く必要があります。